商品案内

当社製品について

商品名 ファンタスティックeyes
開発目的 センサー技術を用いて要介護高齢者の見守り、介護者の負担軽減をはかる。
見守り内容
  • 施設内における見守り(位置確認)
  • トイレ内の見守り(動態確認)
  • ベッド上の見守り(姿勢検知)
  • 排泄の見守り(排泄検知)
システム原理 利用者に装着したセンサータグと施設内センサーとの交信

センサーネットワーク構築イメージ図

ファンタスティックeyesの特徴

個人毎にセンサー反応条件を設定することが可能です。

『見守り』

Aさん 一人外出の危険はないので共用部見守り『レベルⅠ』に設定。
Bさん リビングから外に出るのでリビング周辺も見守り『レベルⅢ』に設定。

『離床』

Cさん 歩行・立位に問題ないので通報不要。
Dさん 立ち上がり時にふらつくので『起上がったら』通報。

実証モニター

千葉県東金市の浅井ヘルスケアグループの「ゆりの木苑」グループホーム殿で、令和1年9月より、本格運用中です。

ファンタスティックeyes の機能と負担軽減業務

『現在』

機能の概要 負担軽減業務
居室・施設内の見守り、トイレ内の見守り、ベッドから起上がりの見守り 見守り業務
心拍・脈拍リアルタイム検知 定時巡回業務

『開発中の機能』

機能の概要 負担軽減業務
排泄検知 排泄交換業務

『開発予定の機能』

機能の概要 負担軽減業務
センサー検知履歴を集計し当日のご様子(排泄回数、バイタル推移等)を個人別、全体、階層別の書式に記載する機能 記録業務

ファンタスティックeyes ”もう一つの役割”

蓄積した個人データとAIを活用し“利用者の自立支援”のお手伝いをします

<現在>排泄検知センサーによる『オムツでの排泄』
AIによるセンサー検知履歴の分析
排泄周期の導き出し
周期時間に職員が誘導し『トイレでの排泄』